voice

お客様の声

2018.02.22

東京都の理容エルモ✂本多貴志✂オーナー様から嬉しいお言葉いただきました

〔切れ味のご感想お聞かせください〕
倭の研ぎ師が研ぐと思っていたより 10倍 きれるようになる
〔当店をご利用されたご感想・研ぎ師へのメッセージ等、お聞かせください〕
購入時と同じ水準の感触に戻してもらいました!
梳きばさみですが どの切り方をしても断面が光る感じを
受けます
✂-----
本多さん、ありがとうございます!
10倍きるようになってよかったです!
他店へ研ぎにだされて焦げる、引っかかるという状態にされてしまったんですよね・・・。
診断すると原因は直ぐわかりました。
通常蛤刃だった棒刃が段刃にされており、凄く鈍角に仕上げてありました。
よくある事です。
蛤刃に仕上げるには機械加工では出来ませんので、手加工で丁寧に研ぐ必要があるんです。
段刃は機械加工でも手加工でも出来る一番手がかからず簡単な研ぎ方で、蛤刃の1/5位で研げます。でも鈍角になるのが特徴で、それを数回繰り返すと、どんどん鈍角になって、切れ味がどんどん悪くなり、毛を挟んだり他にも不具合が起こりやすくなるんです・・・、でも多くの研ぎ師さんがこの方法で研がれます。そうやって切れなくなったハサミを元に戻すのが凄く大変で、それが私の仕事のようになってます・・・(;’∀’)。

カテゴリ一覧